今日は味噌作り教室でした。

今日はお味噌作り教室でした。

 

なんと、

すごいこだわりの贅沢みそです。

 

自然食糧品と地方の本の【納々屋】さんに

協賛いただき

 

・北海道の無農薬大豆

・無農薬米から作った米麹

・粟国の塩

 

 で、作りました。

 

こんなこだわりの贅沢な味噌は、

お店ではなかなか売っていません。

それだけでもなんだか嬉しい気持ちに。

 

 

右の写真は

ふかしただけでも十分に美味しい

ぷりっぷりの気持ちいい大豆を

ぎゅうぎゅうつぶしているとことです。

 

『楽しい・・!』

という声が

あちこちから

聞こえます。

 

どうして、楽しいのかは

やってみないとわからないところが

不思議です。

 

 

 

麹と塩を混ぜるのに、

兄弟で一緒に混ぜてくれました。

手で肌で感じることは楽しいです。

 

そして

この間にも

どんどん

美味しくなっていくようで

わくわくします。

 

味噌を入れたタッパーは

ビニール袋にくるまれて、

次の秋まで熟成です。

 

試食を食べながら、

自分の作った味噌の味を

想像している様子です。

 

羽多先生の

研究に研究を重ねた特別みそレシピに

秋が楽しみになりました。

 

 

今年参加できなかった皆様

来年も出来ましたら行いますので、

 

年明けからの

当院HPをチェックくださいませ。

 


 

当院は、はり灸あん摩治療院 ですが

『今を生きる食べ物教室』を開催しています。

 

それは、食べることが生きること直結しており、

治療はよりよく自分自身を生きるためものものです。

だから、本当はどちらも同じことです。

 

食にについて思うことは

まずは知ることで

自分らしく生きるために何を選択するか

食べる本人が考えればいいと思います。

 

こんなものもある、あんなものもある、

私は何を食べたいかな

僕は何を食べようかな。

というように。

 

お子さんも一緒にいらしていただく教室にしているのは

子どものうちからも

興味があれば、

 

心のこもったものや

心を込めてつくったもの

 

今は簡単に買えてしまうものも

その前はどんな風で、

自分で作ると、お母さんが作ると

どんな風に変わって

自分はどっちが好きで

何を美味しいと感じるのか、

 

どんどん触れて、感じることのできる場でありたいからです。

 

 

だから、これからも機会があればまたこんな会を開催します。

皆様のご参加心よりお待ちいたしております。

 

 

ご参加いただきました皆様、

ご協力いただきました皆様、

今日はありがとうございました。