小児治療 (6ヶ月〜小学生まで)


料金 3,000(約30分)  /    6,000円(約60分)  [約30分or60分の中に、カウンセリング・着替え等も含む]

 

 

初回のみ初診料を別途頂戴いたしております:2,000円

男の子の治療も行っております。(小学生までに当院の治療を受けられており、継続して治療を希望の場合は思春期以降も治療を受け付けております)

 

適応症状

 

・カンムシ

(カンムシとは・・・お子さんは毎日沢山のことを感じ知り情報を取り込みます。その沢山の情報を得ている成長の過程でおこると言われ、わざと行っているわけではなく、実はお子様自身も苦しんでいる症状です。)

 

・夜泣き

・興奮状態が続く
・人にかみつく
・けんかをよくする
・物を投げつける
・キーキー言う
・おこりやすい
・泣きすぎる
・爪をかむ

・人見知り

 

・アレルギー

・風邪をよくひく

・小児ぜんそく

・便秘

・下痢

・おねしょ

・鼻炎

・チック

・肩こり…など

 

 

 

小児はりは身体のバランスを整えるので“頭がよくなる”とも言われます。(身体がきつい状態では勉強にも身が入りません。大人もきつい状態では仕事の能率が下がるのと同じです。)

 

また身体のバランスやメンテナンスについて早い段階から知って欲しいと日々の健康管理のために定期的に通われるお子様もいらっしゃいます。

 

 

 

治療方法 

・小児はり

(刺さずに、ふんわりなでるはり”で なでます。) 

・小児あんま 

・小児のお灸

 

を組み合わせて、その時のお子様に一番よい方法にて施術にあたらせていただきます。

 

 

 

 

 

 


当院の 小児はり・灸・あん摩 治療について

 

当院では

お子様が本来もつ

“これからを生きていく力”が

引き出されるよう

お子さんの感性を大事に、治療を進めていきます。

 

〜 小児はり 〜

消毒をした“刺さないはり”を

使用しております。

ディスポーザブルの“刺さないはり”の

ご用意もあります。

 

刺さないはりは気持ちが良いのが特徴です。

〜 小児灸 〜

“紙の台紙に張ってある”

シールタイプの低温のお灸を使用しております。

少し動いたぐらいでは、倒れません。

 

 

 

または、棒状になったお灸を

木のカップの中に入れて、

 

温かく気持ちの良い方法で使用します。

 〜 小児あん摩 〜

身体にふんわりと触れたり

トントン叩いたり

スーっとなでたりしながら

お子様の身体の状態を整えていきます。



お子様へのご説明

 

ある程度の年齢のお子様には

どんなものを使用し、どんなことをするのか

一つづつお話をしながら行います。

(写真は使用するお灸についてお話している様子。本人も自分の体の上に火が点いたものがのると聞いいて、どんなものなのかとても真剣です。)

そうすることで、主体性を持って治療を受けていただけるようになります。

 

ゆくゆくは自分で自分の体がケアできる大人になることを見据えて、常に治療を行っております。

 


一人一人の感性を大事にした治療を

 

〜 治療は楽しい!? 〜

実際に自分の身体が楽になると

お子様は満足したお顔になって帰っていかれ、治療を楽しみにされております。

 

そして、『今日は、体が○○だ。だから、こんな風にして欲しい。』

ということをきちんと伝えてくれる自主性のあるお子さんになっていかれます。

 

自分自身が何を感じ、どうしたいのかをきちんと感じられる、

感性を大事にした治療を受けていただくことが、

自尊心を育む治療となると考えております。

 

 


『どうして小児はりは効くの?』

 

『“刺さないはり”でどうして効くのか?』

 

お肌と脳神経は

お母さんのお腹の中で成長する時に

同じ“外胚葉”というところから出来ていきます。

 

そのため、お肌は“第三の脳”と呼ばれ、

脳神経と密接な関係を持つと言われております。

 

“刺さない小児はり”では

お肌に出来てしまった”緊張”等の他の部分とは違うところを

(治療者は指先の訓練によって、触れた時に明らかに他の部分と違う緊張した等の他と違う箇所がわかる様になります)

優しく撫でいくことで、緊張等を取り

自律神経の乱れや

成長過程でおこる心と身体のアンバランスを

調節する方法の一つです。

 

そのため、

お子さんの体がふっくら柔らかくなったり

表情が優しくなったりすることから

大人の皆さんが変化に気がつくことが多いです。

 

優しくお肌に触れながら行いますので

お子さんは気持ちが良く感じていらっしゃいます。